キミエホワイトの口コミ評判は?成分&効果解説

ビタミンC誘導体はビタミンCとは違うの?


 

 

 

 

 

 

 

 

スキンケアなど美容関係のこと調べていると良く目にすることがある「ビタミンC誘導体」という言葉があります。ビタミンCといえば、健康や美容に必要な栄養素として有名ですよね。

 

シミ、くすみ、シワ、たるみ、ニキビなどの肌トラブルの予防・改善に必要なビタミンC。このビタミンCの誘導体?そもそも誘導体とは何なのでしょうか?

 

ご存じない方の為に、このビタミンC誘導体がどれだけ優れているものなのか、詳しく説明いたします。

 

ビタミンC誘導体のチカラ

まずは誘導体とは何なのかについて説明します。

 

誘導体とは?

もともとある有機化合物が酸化や還元など、元の構造や性質を大きく変化させずに改変されること

 

つまりビタミンC誘導体とは、ビタミンとしての性質を持ったまま、ちょっと改変された物ということですね。なぜビタミンCを誘導体に改変する必要があったのでしょうか?

 

それは、ビタミンCは非常にもろい成分で壊れやすく、美容液などの化粧品に配合しても、本来のチカラを発揮できないことが多いのです。そこでビタミンCのチカラを存分に発揮させる為、人為的な改変をほどこし、成分が壊れにくいビタミンC誘導体が作られたのです。

 

ビタミンC誘導体の種類

 

ビタミンC誘導体は、ビタミンCよりもお肌への浸透率が非常に高く、用途により性質を変えて利用されます。

 

水溶性ビタミンC誘導体

水に溶けやすい性質で、主に化粧水などに利用されます。お肌に馴染みやすく、即効性があるといわれています。

 

例:リン酸アスコルビル、アスコルビル酸グルコシド、アスコルビル酸エチルなど

 

脂溶性ビタミンC誘導体

油に溶けやすい性質で、クリームなどに利用されています。水溶性ほどの即効性はありませんが、水溶性以上の浸透力があります。低刺激ですので敏感肌の方にオススメです。

 

例:テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、パルミチン酸アスコルビル、ジパルミチン酸アスコルビルなど

 

最新型ビタミンC誘導体APPS)

水溶性と脂溶性のイイところ取りしたものです。従来の水溶性・脂溶性ビタミンC誘導体よりも浸透力や即効性が高いものです。

 

例:パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

 

ビタミンC誘導体の効果

 

ビタミンC誘導体は、ビタミンCが持つお肌のターンオーバー促進効果、メラニンの沈着抑制・還元作用、抗酸化作用などをそのまま維持し、

それらの効果をより肌に伝える為に必要な浸透力を強化したものです。

 

シミ・そばかすなどの色素沈着やニキビなどの肌トラブルの改善や、アンチエイジング、保湿力アップなどの美容効果があります。

 

ビタミンC誘導体の注意点

ビタミンC誘導体がとても美容効果が高いことはわかりましたね。しかし、ビタミンC配合の化粧品を使用する際にひとつ注意点があります。それは、その化粧品に配合されたビタミンC誘導体の濃度です。

 

ビタミンC誘導体は、その配合濃度が濃いほど美容効果が高いと思われがちですが、濃度が高すぎるとお肌への刺激が強すぎて、敏感肌の方は炎症などを引き起こすこともあります。また、皮脂の分泌を抑える作用が過剰に働き、乾燥肌を引き起こすこともあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市販されている一般的な化粧品に配合されているビタミンC誘導体の濃度は1~2%ほどですから、副作用の心配はほとんどありませんが、美容皮膚科などで取り扱われるものはビタミンC誘導体の濃度が5%を越えるものもありますので使用には注意が必要です。

 

お医者様とよく相談して使用を決めてください。また、使用後肌に異常を感じた場合もすぐにお医者様に相談してください。

 

最後に

ビタミンC誘導体とはビタミンCをより身体に取り入れやすく工夫された成分です。

 

ビタミンCの効果を発揮しやすい分、お肌の弱い方には刺激が強く感じることもありますので注意が必要なところもありますが、非常に優れた成分ですので、ビタミンC誘導体配合の化粧品を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

ビタミンC誘導体でハリ・つやのあるキレイなお肌を目指しましょう。

 

シミ・そばかすの改善にはコチラのサプリメントもオススメ

 

豆知識