キミエホワイトの口コミ評判は?成分&効果解説

シミとそばかすの違い


 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく「シミ・そばかすに効く」、「シミやそばかすの改善」なんて、まとめて目にすることが多い「シミ」と「そばかす」。この二つは同じようなものなのでしょうか?

 

シミには、その特徴から大きく4つの種類に分けることが出来ます。

 

シミの種類と特徴

    • 雀卵斑=鼻の周りに現れることが多く、遺伝性があります。
    • 老人性色素斑=老化により皮膚の再生機能が衰えることで現れやすくなります。
    • 炎症後色素沈着=皮膚の炎症やニキビが治った痕に現れます。
    • 肝斑=ホルモンバランスの乱れから現れます。

 

そばかすはこの4つの種類のシミのひとつ「雀卵斑」とよばれるものなのですが、他のシミとは大きな違いがあります。その大きな違いをそれぞれのシミととも解説していきます。

 

4種類のシミ

雀卵斑

 

そばかすのことです。鼻の周りに現れることが多く、肩や背中周りにも現れることがあります。

色は老人性色素斑と比べると薄く、小さい斑点が散らばるように現れます。

 

色白の肌の方によくみられます。子どもの頃にそばかすが出来た経験のある方の子どもにも現れることが多いことから、遺伝性があるとされています。

 

他のシミとは違い年齢を重ねるごとに薄くなることもあります。ただし、紫外線などの刺激によりメラニン色素の影響で濃くなるという点においては他のシミと同じです。

 

 

老人性色素斑

 

加齢により起こる一般的なシミです。顔、首から鎖骨付近、腕や手の甲に現れやすいです。色は徐々に濃くなり、シミの境界がハッキリと現れます。

 

30代の方に多く見られますが、早い人は20代でも現れることがあります。紫外線の影響により作られたメラニン色素が沈着した細胞の排出機能(お肌のターンオーバー)が老化により衰えてしまうことで、どんどん蓄積されて現れます。

 

 

 

 

炎症後色素沈着

 

ニキビ痕や蚊に刺された痕のことです。炎症やアレルギー反応を起こした皮膚ならどこでも現れます。炎症やアレルギー反応の程度により大きさや濃さが変わります。

 

私たちの身体は菌やウイルスの進入を防ぐ為に炎症やアレルギー反応という防衛反応が備わっています。その防衛反応が起きた時に炎症やアレルギー反応を促進作用のある活性酸素が生成されます。

 

その活性酸素によりメラニン色素が作られるため色素沈着がおきます。

 

 

 

肝斑

 

頬や額の左右対称にできるシミです。色は薄く、広がるように現れ、くすんで見えることもあります。

 

30代以降の女性に多く現れることがあり。更年期やストレスにおけるホルモンバランスの乱れなどが原因とされています。

 

妊娠やピルなどの避妊薬の服用で現れることもあります。閉経後に薄くなっていったり、自然消滅することもあります。

 

 

そばかすも紫外線対策は同じく大切

そばかす(雀卵斑)は遺伝性という他のシミとは原因が違うものだとわかりました。

しかし、そばかすも他のシミと同様に紫外線やストレスの刺激により生成されるメラニン色素によって濃く現れるようになります。

 

そばかすは思春期を過ぎた頃から、成長とともに薄くなることもありますが、紫外線対策をしていないと残ってしまう可能性もあります。その為、そばかすも他のシミと同じように紫外線対策が大切。次のことに気をつけましょう。

 

屋外へ出る時は紫外線対策しましょう

やはり紫外線はシミのもとメラニン色素を作るきっかけになりますので、外出する際は直接日光にあたらないように日傘や帽子長袖などを身に着けましょう。暑い夏など肌の露出が多くなる時はしっかり日焼け止めクリームを塗りましょう。

 

ビタミンなどしっかり栄養を摂りましょう

ビタミン群は、お肌の健康に欠かせないものばかりです。メラニン色素の沈着を抑えてくれたり、お肌のターンオーバーを促進させたり、お肌を瑞々しく保ち、老化を抑えるのにも役立ちます。食事で摂るのが難しい方にはサプリメントがオススメです。

 

しっかり睡眠を摂りましょう

特に22時~深夜2時の間に睡眠を摂ると成長ホルモンが一番多く分泌されると言われており、お肌のターンオーバーも促進されてシミ改善にも繋がります。最近では眠り始めてから3時間が成長ホルモンの分泌が多くなるとも言われていますので、もしも寝ても3時間以内で目が覚めてしまう方は睡眠障害の疑いもあるので内科などで相談することをオススメします。

 

タバコやお酒は控えましょう

タバコやお酒は刺激物です。内臓に負担がかかり、代謝機能が落ちることでお肌にも悪い影響が出るといわれています。シミが気になる方は控えることをオススメします。

 

ストレスを溜めないようにしましょう

ストレスはシミの原因メラニン色素を作る刺激になります。また、ストレスにより自律神経が乱れるとホルモンバランスも崩れてしまうたmに女性特有のシミ「肝斑」を作るキッカケにもなります。

難しいですが自分に合ったリラックスタイムをつくりましょう。あまり身体を動かす機会がない方には、軽く汗を流す運動やお風呂(ぬるま湯)などがオススメです。

 

紫外線についての記事はコチラ

 

最後に

肝斑を除くシミの原因のほとんどはメラミン色素の沈着です。シミやそばかすの黒いシミつきをなんとかしたい方にはL-システイン配合のサプリがオススメです。

 

L-システインはお肌のターンオーバーを整えてくれるので、シミを含むあらゆる肌トラブルの改善にも有効ですので是非お試しください。

 

L-システイン配合のオススメサプリはコチラ

 

豆知識